Windowsを終了するときどうしていますか? 就活情報(その18)  - ブログアフィリエイトで豊かな生活を手に入れる方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windowsを終了するときどうしていますか? 就活情報(その18) 


まず、Windows XPから考えてみましょう。


「スタンバイ」と「休止状態」ってどう違うんでしょうか?

Windows XPを終了しようとする場合に、
選択画面は次のようになります。
スタンバイ

休止状態


【スタンバイ】

①操作方法
[スタート]→[終了オプション]の順にクリックすると、
「コンピュータの電源を切る」の画面が出ます。
ここで【スタンバイ】をクリックします。

②意味
作業中のデータはメモリに保存されて、
最小限の電源が流れている状態をいいます。

③メリット
復帰速度が最も速くなります。

④デメリット
作業中のデータはハードディスクに保存されないので
バッテリが切れたり停電になればデータは消失してしまいます。

また、スタンバイ中にコンセントを抜くとトラブルの原因にもなります。
長時間使用しないときは「休止状態」の方がお勧めです。


【休止状態】

①操作方法
[スタート]→[終了オプション]の順にクリックすると、
「コンピュータの電源を切る」の画面が出ます。

次に、[Shift]キーを押すと
【スタンバイ】の表示が【休止状態】に変わります。

ここで表示が変わらないときは、
以下の設定をする必要があります。

[スタート]→[コントロールパネル]→[パフォーマンスとメンテナンス]
→[電源オプション]→[休止状態]タブの順にクリックします。

次に、[休止状態を有効にする]にチェックを入れ、[OK]をクリックします。

これで、「コンピュータの電源を切る」の画面で[Shift]キーを押すと
【スタンバイ】の表示が【休止状態】に変わるようになります。

そのまま【休止状態】をクリックします。

②意味
作業中のデータはハードディスクに保存されて、
電源が切れる状態をいいます。

③メリット
データはハードディスクに保存されているので、
休止中にコンセントを抜いても大丈夫です。

[電源を切る]を選択するよりも、
Windowsの起動時間が大幅に短縮されます。

④デメリット
起動時間は、ハードディスクから読み込むため、
[スタンバイ]より遅くなります。


それでは、「休止状態」と「電源を切る」ってどう違うんでしょうか?

どちらも、電源が切れている点では同じです。
決定的な違いは、以下の通りです。


【休止状態】

次に電源を入れたときに元の状態に戻るので、
再度ソフトを起動する手間が省けます。

つまり、パソコンを起動すると、終了時の画面、
例えばワードで文章を作成中であったら、
その文章のページがそのまま表示されます。

作成途中にパソコンを終了しなければならないときに、
とても便利ですね。

【電源を切る】

これを選ぶと、行っていたすべての作業を終了して、電源が切れます。

つまり、パソコンを起動すると、
Windows XPが最初から立ち上がりますので、
以前開いていた画面はすべて閉じられています。


結局、どの方法で終了するのが一番便利なのでしょうか?

このように、細かく見ていきますと、
節電効果有り、
データの保存も安全、
起動速度が速い、
再度起動時に前回の仕事の続きが即座に出来るなど、
すべてを満たしているのは、【休止状態】がおすすめですね。



次に、Windows Vistaの場合はどうでしょう。


スリープ

上図の青丸内をクリックすると、
[スリープ]等が現れます。

Windows Vistaのスリープは、
速度と安全性を両立した方式です。

従来のスタンバイと休止状態を組み合わせた方式なので
「ハイブリッド スリープ」とも呼ばれています。

具体的には、メモリー内の作業用データをそのまま保持したまま、
ハードディスクにも同じデータを記録するのです。

こうすることで、省電力状態からの復帰が速くなるほか、
メモリーへの電源供給が切れてしまった場合でも復帰できるのです。

上図の赤丸内は、初期設定では、[スリープ状態]に設定されています。
確認方法は、以下の通りです。

[スタート]→[コントロールパネル]→[モバイルコンピュータ]
→[電源オプション]→[バランスのプラン設定の変更]
→[詳細な電源設定の変更]の順にクリックします。

[電源ボタンとLID]→[スタートメニューの電源ボタンの操作]の順にクリックし
、[バッテリ稼動:スリープ状態]、[電源に接続:スリープ状態]に
なっていることを確認して[OK]を押します。

Windows Vistaのスリープは、
従来のスタンバイと休止状態を組み合わせた方式で、
データの保存、起動速度共に優れており、
通常はこの方式がおすすめです。



では、まとめです。


①ちょっと席を離れるようなときは、
XPでは「スタンバイ」、
VISTAでは、「スリープ」を選択しましょう。

②ノートPCを持ち歩くときは
「休止状態」を選択しましょう。

③新しい周辺機器をパソコンにインストールする場合や
数日に渡ってパソコンを使用しない場合は、
シャットダウンを選択しましょう。



就活のおすすめサイトをご紹介


今日も、就活のためのサイトをご紹介致します。
あなたの就職活動のお役にたちますように!

お仕事探すならファーマネットへ!
↓↓↓↓↓



皆さん、こんなアルバイトがある事をご存知でしたか?
いろんな意味で、スゴすぎます。
↓↓↓↓↓
関連記事
●記事がお役に立ちましたら、kiyoのブログの応援をお願いします!
人気ブログランキングへにほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村
●お気に入りへの追加は、こちらです。


●ブックマークやRSSの登録はこちらです。
コメント
非公開コメント

いつも応援ありがとうございます。

人気ブログランキングへにほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

こんにちは

初めまして。
よく更新されていますね。
楽しく拝見いたしました。
これからも、がんばってくださいね。


2009-08-03 15:35 | from 流星群

トラックバック

http://kiyo1010.blog26.fc2.com/tb.php/62-fc3cc6c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。